各種情報

ホーム > 各種情報 > メールの設定について

メールの設定について

メール設定についてのご質問が多いため、ここでは一般的に多く使われているWindows Live メールについて設定方法をご説明いたします。新規でメール設定を行う場合は下記の手順でメール設定をお願いいたします。

Outlook Express6をお使いの方はこちら

まずは画面左下にあるスタートボタン(Windowsのマークのボタン)をクリックし、下の画像のような項目を出し、「すべてのプログラム」をクリックして下さい。

項目中の「Windows Live メール」をクリックします。

「Windows Live メール」のウィンドウが立ち上がります。下図が最初に表示される画面となります。

その中の「アカウント」というタブをクリックして下さい。

「アカウント」をクリックすると画面が切り替わりますので、次に「電子メール」のボタンをクリックします。

入力ダイアログが出てきますので、発行されているメールアドレスとパスワードを入力します。 表示名は任意です。本来はこの2つを入力して「次へ」を選択するとメールアカウント作成は終了ですが、 ここでは「表示名」の下にある「手動でサーバー設定を構成する」のチェックボックスをクリックし、次のステップにいきます。

メール設定の各情報を入力していきます。入力項目はメールアドレスを作成された際に受け渡されている情報を入力していくことになります。 「受信サーバー情報」のポート番号は110がよく使われているためここでは110としています。プロバイダなどから特別な設定が付与されている場合はポート番号を その設定に合わせて下さい。「送信サーバー情報」のポートは「25」か「587」がよく使用されています。 ログオンユーザー名はメールアドレスをご入力下さい。

以上でメールの設定は終了となります。確認のため一度設定したメールアドレス宛(ここではtest@pronet.co.jpです)にメールを送信し、 送受信が出来ているか確認して下さい。

突然メール送信が出来なくなったら・・・。(Outbound Port 25 Blocking について)

ISPのネットワークとインターネットとの接点(ゲートウェイ)でプロバイダの用意するメールサーバを経由せずに直接送信しようとするメール送信のトラフィック(SMTPが使用するport25)を遮断します。独自に設置したサーバから動的IPアドレスを用いて配信される迷惑メールの規制に大きな効果を発揮し、昨今の迷惑メール対策の一環として、プロバイダ事業者から迷惑メールを出させない取組みとして実施されています。